ブレーキパーツ 制動テクノロジー 株式会社富士制動機製作所 会社沿革

ホーム > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革 Company History

昭和36年9月 東大阪市大蓮2−9−12において、ブレーキシューの再生品の製造販売ならびに自動車部品の販売を目的に 袴見晋造が富士制動機製作所を創業する。
昭和39年3月 業容拡大のため、東大阪市岸田堂西2−6−6に移転する。
昭和50年10月 富士制動機製作所を法人に改組し、商号を株式会社富士制動機製作所とする。
資本金300万円
昭和53年12月 大阪府柏原市円明町1000−70に、柏原工場を設立する。
昭和54年11月 資本金500万円
昭和55年11月 資本金700万円
昭和59年11月 大阪府茨木市学園南町12−2に、茨木工場ならびに茨木営業所を設立し、製造能力を倍増させる。
昭和60年9月 資本金1,200万円に増資し、業界第3位の実績を持ち、国内主要取引客約400社、輸出相手国も東南アジア・ 欧州・アフリカ・中近東等20ヶ国を数えるに至る。
平成元年6月 販売会社として、エフ・ビイ・ケイ株式会社を設立する。
平成4年2月 大阪市旭区大宮4−10−24に、旭営業所を開設する。
平成6年6月 四国・徳島県徳島市中吉野町4−1−8に徳島営業所ならびに、徳島県阿南市長生町西方589−30に阿南営業所を設立する。
平成10年12月 国内主要取引客、約1,000社に至る。
平成12年4月 業容拡大のため、徳島営業所を徳島市南田宮1−5−76に移転する。
平成12年9月 業容拡大のため、旭営業所を大阪市都島区毛馬町5−21−16に移転する。
平成13年4月 東大阪営業所内に、リサイクルパーツセンターを開設する。
平成13年11月 代表取締役社長に袴見泰宏、就任。
創業者 袴見晋造、代表取締役会長に就任。
平成16年5月 海外営業部を設立し、エフ・ビイ・ケイ鰍フ業務を引き継ぐ。
平成17年9月 業容拡大のため、東大阪営業所ならびにリサイクルパーツセンターを東大阪市渋川町2−1−17に移転する。
平成19年6月 ISO9001(2000)認証取得
FM 514159 / ISO(JIS Q)9001(四国地区を除く)を取得